M.K
2015年入社
理工学部卒

M.Kさん


【担当している仕事】

 ボールペンやサインペンなどの筆記具や日用品を加飾する転写箔を担当しています。無地の表面に絵柄や製品名をつけることを加飾と言います。店頭に並んでいる定番の筆記具の中には、当社が取り扱っている製品が数多くあります。当社の転写箔を製品の表面にアイロンプリントのように巻きつけることで色・柄を表現するのです。
 製品の見た目の印象が売れ行きを大きく左右するので、製品メーカーのデザインに対する要求は高くなります。お客様の期待に応えるために、商品、技術、製造などお客様の様々な部門とコンタクトをとり、当社からさまざまな提案をして製品を作りこんでいくところに面白さがあります。製品が完成してご満足いただけた時、そしてそれが店頭に並んだのを見る時に、最もやりがいを感じます。

【入社の理由】

 身の回りのものを扱っているものづくりの会社、かつ在京会社で転勤がないという二点を軸に就職先を考えていました。
 千代田グラビヤのことは就職サイトで知りました。当初は写真集の印刷をしている会社かと思ったのですが、説明会で転写箔、食品包装材、建装材などを手掛けていることを知り、興味を持ちました。話をしてくれた人事の方や先輩社員の仲の良さ、面接官の真面目で優しそうな感じ、それに常に前向きな社長の人柄にも惹かれ、働きやすそうな会社だと思い入社を決めました。

graph_M.K
【会社の魅力とやりがい】

 関わる業務範囲が広いため、若いうちからいろいろな経験を積むことができます。例えば、転写加工の工程では、微細なゴミ・チリが転写箔と筆記具の間に入り、結果として筆記具に載せる絵柄が欠けてしまったりすることがあります。加工会社も含めて多くの関係者との協議で対応策を見出すのは大変ですが、一つの製品をさまざまな視点から考えることの大切さを感じました。
 社員数が約400人で、ほとんどの社員の顔と名前がわかるので、意思疎通がしやすく、風通しも良いです。やってみたいことは許可をもらえば実現できるし、困ったときは全社一丸で対処できる雰囲気が気に入っています。他の事業部とコラボレーションして新たな製品を企画したいと思っています。

【就活中の学生へひとこと】
 いろいろな会社を見ていくと、そこの社員が醸し出す雰囲気が自分に合うと感じる時が必ずあると思います。視野を広く、信念を持って活動すると良いと思います。

M.M
2016年入社
社会学部卒

M.Mさん


【担当している仕事】

 大手出版社が発行している雑誌や定期刊行物、ムック、カタログなどの印刷物の制作を担当しています。出版社の編集部と密接に連携して、順次、原稿を受け取って校正作業をして印刷できる状態に仕上げる工程に携わっています。出版ビジネスの特徴として、中1日(朝受けて翌々日の午後までに持ち込み)での納期対応のような急ぎの案件が発生することもありますが、社内メンバーと協力して対応しています。

【入社の理由】

 本や雑誌が大好きなので、印刷広告関係やマスコミを希望していました。当社の説明会でいろいろなサンプルを見ることができ、自分の身のまわりの物に関わった仕事ができそうだと感じました。最終的な決め手は「ものづくりに携わりたい」という希望が実現できると思えたことです。面接で会った社員が話しやすく、一番自分の考えを伝えることができました。人数的にも大きすぎず小さすぎず、コミュニケーションが取りやすい環境の良さも魅力でした。

graph_M.M

【印象に残った仕事】

 メジャーな雑誌の付録の企画として、北海道の有名な製菓会社とのコラボ商品(トートバッグ)を企画して、出版社に提案して採用されたことです。通常の雑誌制作とは一味違う仕事で、自分にとっては新しいチャレンジでした。当社内では新たな付加価値創出が認められて社長賞を受賞することができました。

【会社の魅力】

 きちんと話を聞いてくれる人や環境があることです。穏やかな人が多く、協調的な人間関係をもとに仕事ができることは、とても魅力的な職場環境だと思います。

【今後の目標】

 今やっている仕事を淡々とこなしていくだけでなく、時代に合わせて求められるスキルを身に付けて、より幅広く仕事ができるように成長していきたいと思っています。